プロフィール

しゅう

Author:しゅう
モノ作りが大好きなしゅうです♪

『世界に一つをつくりだす』をモットーに日々新しいものを生み出していきたいと思ってます
普段何気なく使っているものが可愛くなれば毎日楽しいですよね♥
そんなお手伝いができればと思ってます(・∀・)エヘ


黒(ぶら)っく 蝶々


最新記事


最新コメント


月別アーカイブ


最新トラックバック


カテゴリ


みくろっく


まとめ

■ フリースペース ■

フリースペースです。
好きな事をご自由に書いて利用してください。

尚、不要な場合は「HTML編集」の<!-- フリースペースここから -->~<!-- フリースペースここまで --> を削除してください。
 
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 
まさか・・・

こんなことがあるんですかね

映像を見るだけだと、
「これが日本なのか?」と目を疑いたくなるばかりだ
これが現実ではありませんように、と目を何度もこすってしまう

2011年3月11日金曜日 午後2時46分
マグニチュード9.0の地震が岩手県・宮城県の沿岸を襲う

ものすごい勢いで町を、建物を、車を、人を飲み込んでいく津波
襲いかかる第一波、第二波、第三波・・・
勢いが増すばかりである

地震も一日に何度起こったのであろう
東北・関東を中心に一日中余震がつづく
夜も眠れない

電気もとまり
ガスがあちこちで漏れだし
火災が多発し
断水まで


もう壊滅状態



電気の復旧が追いつかず
見通しも立たない
各地で停電が相次ぐ

電気の復旧があると、必ず起こる「火災」
これは、ブレーカーを一度落とし、コンセントを全部抜かないで再度電気を入れると火災が発生するそうだ


衛生からの映像(地図)をみると、沿岸の地形がもとの形をとどめていないのが解る
海が陸を侵略しているようにも感じる

津波で海水が流れこんできてしまったので
畑などは数十年塩が土に染みこんでとれないそうだ
作物にも影響がでるだろう

沿 岸に作られた防波堤
日本の防波堤だからこれくらいの被害で済んだ
と、いう海外からの見方

はたしてそうだろうか・・・

テレビでは連日、被災地の情報や映像、被害者のコメントなどが映しだされる
その安否確認の覧に知り合いが出ないか目を光らせる
と、同時にまだまだ不安なことが・・・


原発


日本人は原発に対して知識がなさすぎるし、
情報も少ない
関心もないのだ
それは、企業や政府が明かしていない情報も多いし、
隠していることも多いだろう
ましてや、「絶対に大丈夫、安心してください」
パニックを起こす人たちの心を沈めようとしているのか、そんな言葉しか言わない
この世に「絶対」なんて言葉はないのだ

原発に関しては日々情報が動くのでまだまだ油断は許せない
ましてや、放射能なんて目に見えないのだから

友人がとてもためになるサイトをみつけてくれたのでのせておきます
少し長い文章ですが、必ず目を透しておいてください
 

*大変申し訳ないですが、
 事情によりここでは削除させていただきました



千葉県市原市 五井にあるコスモ石油のコンビナートが火災で黒煙をあげて炎上
まさに、私の地元ではないか
火災が起きたため有害物質が雨と一緒に降り注ぐため肌の露出は控えるようにとあったそうだが、
この情報はデマだったらしい
しかし、考えられないことでもないうえに、空気中に浮遊しているもの(目に見えにくものを含む)があることには間違いではないので、注意が必要だ
外気・外部と触れる場所(目、鼻、口、傷口、生殖器、肛門など)からの侵入には気をつけたいものだ

実家は地震の心配はあったが
家の中のものが多少動いたくらいでほとんど被害はなかったそうだ
普段から地震があってもあまり気がつかないくらい丈夫な地域だが
ここ数日の余震はかなり体で感知できるくらいの大きさと回数で
寝不足が続いているという


被災地 宮城県仙台市
親戚が集結している地域
ましてや私の生まれ故郷・・・
地震から30分後に一件の親戚の家に電話がつながった
家はかろうじて潰れていないし
津波はここまでこなかったが
家の中はもうめちゃめちゃ
これから近辺に住む親戚の安否を確認してくるということだった
一発目の地震がおきてから2日
ようやく親戚中の安否が確認できた
とても運がよかったと思う

中継で
「卒業式のさなか津波がきて、先生や友達が海に飲み込まれてさらわれた」
と泣きながら答えてた中学生がいた
また
「入籍してたった3時間だよ・・・旦那さんと連絡がつかないんだ・・・」
という方も



想像できない

信じたくない

夢なら覚めてほしい

そう思いたくなってしまう

またいつ自分がそうなるか解らない不安感
「明日死んでしまうのかも」と思う恐怖感

今できることはないだろうか

皆が混乱してパニックにおちいってるこの瞬間に
嘘の情報が多く流されているのに驚いた

どうか落ち着いてほしい
自分のことだけ考えないでほしい
生きたいのは解る
みんな同じだから

国民一人ひとりが協力すべきだと思う


今夜から東北地方を中心に寒気が流れこむため
とても冷え込むという

どうかくれぐれも注意してお過ごしください


スポンサーサイト

 | BLOG TOP |  NEXT»»


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。